スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面所、ほっかほか♪

 イヤーン、寒くなりましたねえ~≧(´▽`)≦
 この週末は、今年一番の冷え込みだったんじゃーなかったっけ?
 だけどやあすはホッカホカ♪♪
 ↑ざわざわ森のがんこちゃん風に読んでください。わかんない人ゴメンナサイ
 なーぜーなーらー!

 洗面所に暖房がついたからさーо(ж>▽<)y ☆キャー

 のっけから上機嫌でスミマセン。いやあ、洗面所が暖かいことがこんなに幸せだなんて…。


 前置きが長くなりましたが、土曜日、遂に工事が入りました!!
 えーっと、このお話の前書きは『浴室暖房、いきなり壁』『浴室暖房改め洗面所暖房その後』をご覧ください。

 で、その後。
 やっぱり金額がねー。知り合いに頼んだとしても、やはりモノの値段がそこそこかかるので、それほど安くなるわけでもなし。ファンヒーターころころ移動も考えましたが(kakainaさんありがとうございます)うちのは巨大だかんな~。
 小さいファンヒーターを置くにしても、洗面所は居る今欲しい!てなものなので、すぐ点いてあったまってほしいから待つのはイヤだし。そうしてみると、やっぱりガスファンヒーター。

 ガス栓つけて、ガスファンヒーターであっためりゃいいじゃんか(  ゚ ▽ ゚ ;)

 うちには入居時ガス屋さんから貰ったファンヒーターが一台あります。
 栓さえつけてもらえりゃ、これ使えるじゃん!足元スッキリとはいかないけど…。
 「5秒で点火、広島ガス」よ。ひゃっほう!
 P1020382 - コピー

 そして再度ガス屋さんに来てもらいました。
 床出しガスコンセントで付くとのこと。工事費3万円也。
 おう!それでいこう!
 と。
 「ガス機器購入と込みなら、工事費5,250円になるんだよ~」
 まじっすか!
 そういや吉川晃司のガスファンヒーターパンフにそんなことが書いてあったかも…。

   P1020540.jpg

 Oh!Yeah!
 ほんじゃらそれで頼もう。

 そんなわけで、土曜日工事と相成りました。
 洗面所内の棚やらの家具を全てリビングへ出し、工事屋さんを待ちます。
 丁度寒波が日本列島襲来の日です。さあ、どうなる洗面所!!

 何人来られるのかしらと思っていたら、工事される方はお一人でした。
 よく考えてみればガス栓一つ増やすだけだもんね。しかもガスのすぐそばの洗面所に。

 いきなり床下点検庫にダイブ! P1020519.jpg

   P1020520.jpg この奥、けっこう広いのね~。

 工事屋さんは外のガス給湯器とここ洗面所を何度も往復。
 ガスを止め、工事に入ります。
 ガス栓つける場所を決めると、そこに穴を開けていきます!
 ひっつけてるだけで丸い穴が開くのね。これ、欲しいかも!(何のために?)
   P1020523.jpg (右上の機器)
 「ありゃ~1枚じゃないね~」と言いながら、またお外へ行かれる工事屋さん。

   P1020525.jpg こうして見ると、案外厚いもんですね。

 無事貫通♪お疲れさまです! P1020526.jpg

   P1020527_20111218135705.jpg その後、このような姿に。

   P1020542.jpg   P1020543.jpg
 最終的にはこうです。
 メタルスライムのような色合いですただのシルバーです
 とりあえずブサイクじゃなくてホッとしたわ

 そうこうしてるうちに、ガス屋さんが機器を持ってやって参りました!
   P1020522.jpg
 ファンヒーターではなく、ガスストーブです。

 こちらと同じものです。
 価格はもうちょい安いです。楽天底値ほどではありませんでしたが。
 でももっと安いのはほとんど売り切れてますね。



 今回の5,250円でガス栓設置キャンペーンは、4モデルの中から選ぶようになっており、その中で一番小さくて一番安かったのがコチラだったのです。値引率も一番低かったけど(爆
 でっかいストーブを購入してリビング用にし、以前に貰ってた小さめタイプをこちらに置こうかとも考えたのですが、ガス代の高さに凹んだ初年を思い出し、また大きいものは値引率は高いものの元のお値段も良いので、金額も当然張ってくることになり、そうなると工事費のみの3万円を大きく超えることになり…で、結局これに落ち着きました。
 デザイン的にはヒジョーに武骨であります。
 しかし、この人のいいところは、コンセントがいらないところ。
 乾電池で点火可能です!
 もし停電になったとしても、これであったまれます♪
 もちろん地震の時にはガスも安全対応で止まってしまうのでアレでしょうが。
 小さい洗面所なので、ファンヒーターでぷうぷう温風吹き出すのよりかはいいかなと思いまして。

 工事に戻ります。
   P1020529.jpg これでガスが来てるかどうかをチェックしてるそうです。

 床下はこんな感じ。 P1020536.jpg

 完成です!!

 そいでは、スイッチオーン!!!

 ゴオオオオ~ P1020530.jpg ぬっくー!!

 ちいさい洗面所はあっちゅー間にぽっかぽか。
   P1020531.jpg   P1020539.jpg
 パネルは上下に分かれてて、温まれば半分にできます。

 キャー!さっそくお風呂に入ってみよう♪♪
 浴室ドアを開けたままお湯を張り、ストーブを点火。
   P1020534.jpg (派手なタオルは娘の髪拭き用です

 洗面所はぽかぽか、ぬっくぬく。
 ストーブはパネルを一枚だけつけておき、入浴です!
 さて、おフロの中はいかに?




 ……。
 ぬっくぬくとまではいかんかな( ̄ー ̄; 



 いつもは換気扇を止めて入浴するのですが、この日は換気扇回しちゃったので、やはり空気が動いてちょい肌寒かったりしました…。
 でも!普段よりはあったかいハズ。いつもは換気扇つきじゃ寒くてとても入浴できないもん←ホンマです

 そしていざ、おフロ場から洗面所へ!





 おっ。



 おっおっおっ。



 あっ。

 あったか~~~~い:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


 こっ、ここは春かァ!春なのかァァァ!!!
 いつもなら髪があっちゅー間に冷えてゆき、それが当たってるカラダが冷たくてヒーヒー言いながらタオルで拭き取るのですが、今日は南国パラダイスこのまま洗面所で暮らしたいくらいだわ(ノ´▽`)ノ(ノ´▽`)ノ(ノ´▽`)ノ

 というわけで、洗面所サイコー!な空間になりました
 お値段はガスストーブ代17,800円+工事費5,250円の計23.050円也。

 これでもう冬のおフロもコワくないです!
 スッキリ感はいまみっつくらいではありますが、とりあえずこれで十分。
 2軒目は~。
 洗面所はパネルヒーターであったか、スッキリだ!いや床暖房か。うーん。
 洗面所とお風呂の暖房は、真剣検討議題に載せないといけないです。 



 あっと、最後に。
 ガスストーブの上側は、このようになってます。
   P1020533.jpg
 まるで餅でも焼けそうですが、遮熱板が入ってて、焼けないとのことです。あくまでも排気口。
 「前は焼けよったんじゃけどねー、カーテンとかねー、お年寄りの服の裾とか燃えて事故になったりしよったけんね、今は遮熱板入れて燃えんようなっとります。それでも直に触れんくらいには熱いけん、気をつけるようにね。まあ奥さんとこは洗面所に置くけん、ここで餅なんか焼きゃせんじゃろうけどねー」

 何言ってるさ!洗面所だろうがどこだろうが(まあトイレじゃしないだろうけど)、焼ける場所がありゃ焼こうとするわいね。
 いちおう、ヤカンも置いてはいけないことにはなってます。水分が間違ってストーブにかかるのを防ぐため。
 焼き芋もダメかしら…。案外焼けそうな気がするんだけど。
 でもま、せっかくの便利グッズで火事起こしても悲しいので、慎みます。



 最後まで読んで頂いて、ありがとうございます♪
 いろいろコメントくださった皆様にも、ありがとうございます。
 わいわい騒いだあげく、こんなとこで落ち着いてしまいました…(汗
 
 




スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

浴室暖房改め洗面所暖房その後

  《前回までのあらすじ》
  やあすは冬の浴室・洗面所の寒さに耐えかね、遂に浴室ガス暖房を検討することを決意し、ガス屋に訪問調査を依頼した。 
  やあすの希望は後施工の目立たない浴室換気扇兼暖房タイプであったが、ガス屋の調査により、やあす家風呂のドーム天井では施工できないことが判明する。
  洗面所の換気扇部分を取り外しての暖房機器設置は可能との意見を得たが、新たに給湯器を設置する必要があることから、見積額は21万ほどということであった…。
  
 
 なーんつってな( ̄∇ ̄+)
 詳しくお知りになりたい方は前記事(コチラ)をご覧ください♪

 で、まあ。
 とりあえず、金払ってでも暖かくしたい場所ではあるわけなのですが。
 払えない金額ではないですが。
 でもやっぱり、なかなかの金額ですわよねえ~。

 それでやあすは考えた!
 もっと安上がりな方法はないもんか??
 (やあすの考えることはたいていロクでもないことです)

 もともと我が家の洗面所は、リビングからすぐそこ。
   P1020441.jpg   P1020442.jpg
 引き戸を開ければ左手が洗面所です。
 だからこそ「リビングの熱が洗面所もあっためるだろう」と寒さ対策をあまり考えなかったわけですが(もちろん前のアパートが暖かすぎて深く考えなかったということもあります)、冬場は。
 がっちり引き戸を閉めてしまうんだわよね~。
 冬以外は開けっ放しのこの引き戸。
 開けっ放しを想定したからこそここは引き戸を強く所望したわけですが、そもそもここに扉をつけたのは、扉の向こうにある階段を通じて2階に暖気が逃げてしまわないようにするため。

   SN3F0303.jpg
 洗面所と階段は向かい合わせになってます。

 ここを開けてると、どんどん冷気が2階から降りてくるため、冬場は子どもが出入りするたび「しめてー!!」と悲鳴があがるほど大事な関所になってます開けっ放しなんてとんでもない☆

 扉を閉めたら洗面所含めたこっち側は極寒。
 でも扉を開けて洗面所を暖めたくても、暖気は全て2階へ行ってしまう。

 そこでやあすは考えた!
 「リビング階段でよくやってらっしゃる、カーテンやロールスクリーンを垂らしてみては?」

 思い立ったら早速実行♪♪

   P1020443.jpg   P1020444.jpg
 ハイ、実行前&実行後です。
 つっぱり棒でカーテンを垂らしただけ。(しかもせんたくばさみで留めただけ…!)

 しかしィィ!
 安直な作りに関わらず、すぐに効果があらわれました。カーテンの手前で暖気は留まり、カーテンの表側裏側では温度の違いをくっきり感じられます。
 ちなみにカーテンは以前のアパートで付けてた遮光&遮熱カーテン。通販生活で購入したものです。効果が本当ならばかわゆい柄で作りたいけど、今は実験だからとりあえずこれで。というよりコレだから余計にいいのかな?

 上から見た景色。 P1020446.jpg

 これで暖気が留まり、リビングを暖めた熱が洗面所&風呂へも流入し、全体的にあったかくなれば。
 暖房つけなくっても良かったりして☆
 わお!激安解決ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
 さあ、早速お風呂に入ってカクニンよー!



 結果は。



 風呂上りのカラダにはやっぱり寒い。アタリマエ…


 リビング扉が閉まってる時に比べれば断然暖かい空気になってますが、どうやっても肌寒く感じる湯上りにはやはりそれではちと弱いです。
 やっぱりここは、別途暖房器具で強力にぬくめたいかなー。
 ともあれ、カーテン効果はなかなか良いもので、洗面所やトイレへ行くのが以前ほど寒さで震えることはなくなったので、そのまま続行することにします。

   P1020445.jpg 娘はちょこっとフマン。

 「かいだんのとこでにいちゃんがみはってるみたいにかんじるんよ!」
 確かに何がいるんだ??とついついそっちを見てしまいますが…。
 ま、あったか生活のためだから、それくらいガマンしましょうよ。
 そんなわけでまた別の手を模索です。



 本日(昨日か)、再度検討のためガス屋さんにお越しいただきました。
 ああっ、どうなるやあす家!? 

 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます♪
 長々スミマセン(汗




 

 

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

浴室暖房、いきなり壁

 こんにちはー。
 復活したかと思いきや、放浪していた間の家の片付け、小田さん出演番組の録画、そしてまた今年もクリスマスの約束収録応募など(昨年はずれてやさぐれてた頃の記事はコチラ)次々忙しい波にさらわれ、なかなか家ブログに辿り着けず…。(ほとんど遊んでる)
 でも、でも。ちょびっとづつ、私も動いてるのヨ!!
 先日網戸と壁紙の業者さん(壁紙はダンナ友人でもありますが)が入りましたが、その前日に来てもらったガス屋さんのお話を。

 こないだ、ガス展に行ってまいりました。
   P1020382 - コピー
 広島ガスは吉川晃司がイメージキャラクターであります!

 娘っこと二人でお出かけし「ガスでお料理」コーナーで、ソーセージパイ作り。
 (半袖着用で真夏の装いですが、いちおう11月です)
   P1020385.jpg   P1020386.jpg
 私が家を建てたのは3年半前になりますが、ガラストップコンロも更に進化しているようです。
 もちろんまだ買い替えないけどねー。

 私がガス展に来たかったのは、浴室暖房を見にきたのであります。
 昨年洗面所のあまりの寒さに暖房器具を購入してみましたが(記事はコチラ)、結局寒いという結果に終わりました(その記事はコチラ)。やっぱり室内全体をあっためないとムリっぽい。
   洗面所

 なわけで、私は以前浴室暖房を設置なさったサラ太郎さんのブログを読み返し、やはり浴室暖房を導入すべしという結論に達したわけであります。(サラ太郎さん浴室暖房の記事はコチラ。サラ太郎さんリンクありがとうございます)
 浴室暖房で浴室はもちろん洗面所まであっためて。今年はぬくぬく生活じゃ☆

 が、しかし。浴室暖房を導入するには、一筋縄ではいかなかった…。
 まず。給湯器が暖房をプラスしても対応できる型なのかどうか。
 また、天井の換気扇部分に暖房設置する方法は、我が家のようなドームタイプの天井だとできない場合があるとのこと。
 ガーン!
   P1020411.jpg
 HM仕様だっただけのたまたまついてたドーム天井が、私を苦しめにかかるとわ!!
 ガス屋さん曰く「見える部分はこれっくらいでも、天井裏に隠れる部分にけっこう容量があるので、ドーム天井だとそれが入らない場合がある」とのこと。うーむむむむむ。

 「見てみないことにはわからない」ということなので、お願いして来ていただくことにしました。

 そして。まず給湯器確認。
 「えー、この給湯器では、浴室暖房は付けられません」
 がああああん。ま、仕方ないけど。考えてなかったから。
 「付ける場合は、別に暖房用給湯器を付けるようになりますね。小さいもんだけどね。6、7年経ってたら今の給湯器を取り替えて両方使える給湯器にするのもアリだけど、まだ4年だからね。ちょっと勿体ないね」

 そして次。ドーム天井をチェック。
 というか一瞥しただけで「これは付かないね」
 おりょりょ…・°・(ノД`)・°・

 そして私は、ガス屋さんが来られる直前に思いついたことを言ってみた。
 「洗面所には付けられませんか?」

 そう、私はどっちかっていったら、浴室より洗面所に暖房がほしいんでした。
 浴室は、換気扇さえ止めちゃえば、とりあえずお湯でそれなりにあったまるから。
 (娘は浴室にもほしいらしい。「お湯からでたらひやってするんよ!」と主張。まあどっちもあったかいのがいいけどね)

 で、私の考えてる場所がここ。
   P1020415.jpg
 洗面所の窓の上、換気扇がありますが、全く使ってないんですねー。
 ちょーど穴も開いてるし、ここならどうかしら。
 ガス屋さんは幅を計り「600あればいいからね、ここならできるよー」
 よっしゃ!

 ただ、金額は。
 屋外の暖房用給湯器設置、工事費込みで21万円ほど。
 高いなあ…。
 電気式の同じようなものもあるけど。それなら半額以下ではありますが。
 ガス屋さんはガス屋さんらしく「暖かさはやっぱりガスの方です」と力強く言ってました。
 やっぱりガスにしとこうかしらん。
 とりあえず家族会議を開くことにいたします。

 ちなみに、ガス屋さんオススメは「暖かい空気は上に行くから、やっぱり下から暖めた方がいいんよね」ということで、足元にパネルヒーターを設置する方法でした。
 「そーなったら、そこらの棚とかをどけんにゃいけんけんね。そしたら収納がなくなるけん、吊り棚みたいに収納を上にして下を床の間みたいにして、ゆーたらまたお金が別にかかってくるんよね~」
 すんません、それは建替えの時に検討します。
 
   P1020412.jpg できるかー!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます♪


テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。