スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関ポーチの奥行き

 どーも~。
 久々カテゴリ「ブルーになるほどでもないけど失敗箇所」でっす♪

 我が家の玄関~。

   玄関 (傘が出しっぱなしだ)

   玄関
 残念箇所は、こちらでございます!

 ドアを開けると。 
 ルルール呼~んでみましょうサザエさん♪ 

    全巻セット、欲しいィィ!

 じゃなくってこう。 玄関

 そう、横によけるか一段下がるかしないといけないんですよね~。
 で、たいていの方は一段下がります。
 一段下はこれまた30cmしか奥行きがないので、男の方なんかはこけそうになりますw

 これは予測できてたことで「こうしたくない」って思ってたハズなんですが…。
 ほかに気をとられ、忘れられてたパターン。アホです!

 そんなこんなで、玄関はなかなかマイナスポイント高しの箇所なのです。
 玄関と和室場所チェンジ、妄想とはいえかなり確率高いです~!!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 応援よろしくおねがいします^^

 クリックしていただくと、ランキングが上がります♪ 
スポンサーサイト

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

リビングドア失敗

 基本私は引き戸派。
 開けっ放しにするとこは、なるべく引き戸で~と、洗面所、階段ホールから2階・1階リビングドアは引き戸にしてます。
 夏冬の冷暖房時以外は開けっ放しです。

 で、玄関からリビングに入るドアも引き戸にしたかったのですが、ここはどうにもならず開き戸になりました。
 (引越し当時の画像) 玄関からの入り口
   
   ビスコ
 ふだんは開けっ放しです。

 ドアの向きをどっち開きにするか?と言われたときに、「どうせずっと開けとくんだからリビング側にあると始終目につくのイヤだ」と玄関側に開くようにしたのですが。ブラケットもつけてみたかったし。 


 そしたら。
      リビング

      リビング
 当たり前なんだけど、通路が狭いんだよね~。

 ここは尺なんで、フツーでも77cmくらいしか幅がないのに、更にドアで狭まり66cmしかありません。
 「まあべつにいいっしょ」って、よくないよねぇ。
 一人だとフツーに通れますが、荷物があれば無意識に体はナナメになります。

 当時入院していたお義母さんは車椅子だったのですが、「玄関は段差があって入れないし、入るとすればリビングの掃き出し窓からだから玄関通路は細くてもいいか♪」と安易に考えてしまったのもありますw 普段生活する自分らのことを考えてなかった…。


 そしてもひとつ。(まだあるんかよ!ハイそうです) 
     リビング
 この開き戸の向かいに収納があります。
 こちら両開き戸。

      リビング
 当たり前ですが、取り出しにくいです。

 掃除機に冬はコート類も入れてるため、けっこう使用頻度高し。

 無論これはどちらも設計さんに指摘されてたことです。
 それを聞かなかったので、このような事態になりました(汗


 だけど今考えれば、なにもあの場所にドアでなくても、玄関側にドアつけてもよかったんじゃない?
 と思ったりもします。(鏡の場所に開いたドアがくる感じで)
      鏡


 最初にできた間取りで進んだ家作りですから、あとから「引き戸がいいの」「ドアは外に開くようにして」と注文がでるといびつなことになってしまいます。
 次回はじっくりゆっくり決めていきたいなぁ。

 まあ、茶室のように、狭いとこを通って入ると部屋が広く感じるかもというワケのわからん言い訳でもして^^;

 どうしてもガマンできなければ、ドア外せばいいわけだしねー。


 
 「錬金術の基本は、『等価交換』」
 「何かを得ようとするならそれなりの代価を払わなければいけない」
  人は何かの犠牲なしには、何も得ることはできないのだから。

      『鋼の錬金術師』より
そんな大げさなことかい!!エド!アル~!

 というわけで、恥ずかしさのあまりハガレンに逃げたマヌケ箇所の紹介でした。



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村  恥暴露の私になぐさめを^^;
   人気ブログランキングへ クリックしていただくと、ポイントが上がります♪  




 

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

ブラケット・ダウンライトについて

 うちの照明計画は何とも貧相でして、HMが出してきたプランは、仕入先の松下電工(今はパナソニックですよね)で「とにかく安いやつ」というポイントで出したのだろうと思われるものたちのオンパレードでした。
 カタログめくっても「どこにあるのこの安いやつ!」と見つからないくらいの(--;)

 そんななか、ちょこっと「ブラケット」や「ダウンライト」なんてやつも使ってみたいわよね~間接照明にも憧れるわよね~ってミーハーな気持ちもあって、ちょっぴりつけてもらいました。

 正面は玄関からリビングに入る扉横。 リビング
 
 位置が高すぎたり壁の中心からずれてたり、???が満載ですが…。

      リビング
 「ご主人のお帰りを待たれるときなんか、こちらのブラケットだけ点けて待たれるとか
 なぞと松下電工のお姉さんはにこやかにおっしゃいましたが、すみません、待ちませんw
 そして私は手が空けば本を読みたいので、ブラケットだけで過ごす時間は皆無

 天井のばっか点けてます。 リビング
 なんのためにつけたのやら。

 それからこっちは絵を照らす用です。 リビング
 もともと壁が少ない家でして、絵を飾れるのはここくらいかしらと思ってたのでここを指定したのですが、あれやこれやでブラケットつけた壁もアリになり、あっちにすればよかったのかしらと思ったりもしますけれど、まあ今更やくたいもないことです^^

      リビング
 これ当初絵の壁の方照らす向きになってなかったんですよね。
 見に行ったときに気づいて営業さんに連絡し、直してもらいました。
 この照らし方は気に入ってます。
 しかしこれまた同じく滅多点けることなし。ブラケットもですが、白熱球は熱いです
 
 もひとつダウンライト。 リビング

   リビング 電話棚の上です。
 ここはいちばん利用頻度高いかも。
 夜中に娘から「お茶~」と言われたときなんぞ、ここのダウンライトだけ点けて左手のキッチン行ったりできます。
 
 あとは階段くらいかな? 階段灯り
 これは当初プランどおりの激安ブラケットでしたが、展示を見せてもらった際になかなかよかったのでそのまま採用しました。

 あとはダウンが1・2階のホールと、そうそう。
   リビング キッチンがダウンライトでした。
 (クリックすると、画像が拡大して天井のダウンライトがわかります)

 もとプランは手元ライトは今のとおりダウンライトでしたが、キッチン全体はフツーの横長の天井付けライトでした。
 松下お姉さんが、「垂れ壁のあるキッチンでしたら良いと思いますが、オープンだとリビングからも見えますので、ダウンライトの方がスッキリして見えると思います」とおっしゃり、こうなりました。ホッ。

 とりあえず学んだことは。

 照明でオシャレを演出しようなぞ100年早い。

 私にはまだまだまだムリでした!!!
 家作りは奥深いですねー
 やっぱりもう一回挑戦したいわん


 ところで、リビング入り口横にブラケットをつけたいと言ったことでマヌケた失敗が…。
 また記事で出させてくださ~い(汗 



  最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村  応援よろしくおねがいします^^
   人気ブログランキングへ クリックしていただくと、ポイントが上がります♪    

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。