スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金についての考え方

 昨日、たくさんの来訪&応援ポチありがとうございました。恥ずかしいやら嬉しいやらです。
 今日はまたもや金のことです。貧乏人ほど金にこだわるっていう典型例をご覧ください^^;


 家づくりのなかで、私が一番考えたのは間取りより何より、借入れのことでした。

 私たちは土地と家を購入することになるので、キャッシュは当然無理です。
 (いや、片方でも無理なんだけど)

 なるべく借入れ額は抑え、なおかつ返済期間を短くしたい。

 金利を多く払うのがイヤでした。3000万借りたら返済総額4000万超とか、金利の数字を見るだけで「うひゃー」って。あんまり大きい金額を見ると、何よりも「返せるのだろうか」という恐怖心がまずやってきます。

 とにかく私は借金がコワいのです。
 これは、昔父に読まされた本の影響かもしれません。

 市営住宅に住んでいた子どもの頃。「家ほしい!」と言う私に、「これ読んでみろ」と父が渡した本は、「○○新聞編集部」が書いた、『家を建てた後借金を苦にして一家心中した家族の話』が載っているものでした…。
 その中で、今でも忘れられないくだりがあります。

 『家を新築すると家具も新しいのを合わせて欲しくなる。
  既に借金を○千万しているのが数十万増えたところでそう変わらないと思うようになる。
  そのように借金はどんどん増えていき、毎月返済額も増えていった。
  そして、夢だった自分たちの白亜の家で、とうとう夫婦は子どもたちを道連れに…
  知人女性Aさんは当時を回想して言った。「酔ったのね、あの人たち」』


 こわいよー!!

 本の効果テキメンで、それから父に家ほしいとは言わなくなりました。

 そして自分が家を建てるときには、とにかく借金額を少なくしよう、「たとえ数十万」でもマヒしてはならん、絶対生きていくんじゃ!とかたく決意したのです。
 (後日友人にこのことを話したところ、「すっかりトラウマやん」と激しくウケました)

 うちは、土地だけで2000万近くかかりました。
 土地の値段はもう変わらない(場所を変える気がない)ので、あとは家にかけるお金を減らすしかない。
 なるべく総二階でコストを下げる。家もそんなに大きくなくていい。
 「坪数を減らすのが一番コストダウンにつながります」と言われ、当初HMから提示された間取りから坪数を減らし検討。
 複雑な形を避け、窓を引き違いにし、たいていのものは標準仕様にしました。
 とにかく「金を使わされないようにしよう」としてたのです。
 HMが何か提案しても、「どうせ金を多く出させようと思ってんでしょ」といまいち信用できないでいました。

 だけど実際どうだったのかなあ、と思います。

 無理してローンの期間を短くしなくても、最長35年とかにしておけば、毎月の支払いはそう変わらず理想の家づくりができて毎日満足して暮らせたのでしょうか…。てなことをくよくよ思うわけです。
 それに、建設費自体が高くなったとしても、繰上げ返済や低金利ローンへの借り換えなどで、総返済額となったらそう変わらないかもしくは安くあがったのかも?

 でも、あの頃の私には多額の借金を抱えても大丈夫と思える器量はありませんでした。何ていうか、分不相応と感じてました。
 「高い家に住むような器じゃあないわ。家を持てるだけで十分よ」というところで、余裕がなかったんです。

 それに、今よりも更に家に対する知識も経験もなかったので、あの頃の私がその時点で理想の家を建てたとしても、今の自分が満足したかどうかはわかりません。換気システムとか次世代省エネ基準とかまるで興味なかった頃です。

 あの頃は、「一生に一度の家づくりだからこれで死ぬまで暮らす!」とやたら鼻息荒く力が入ってましたが、一度と思わず年取ったら改築だ、くらいの気持ちでもよかったのかもしれません。見方や価値観は日々変わっていくもんだな、と実感します。もちろん変わらない部分もあるでしょうけど。

 たとえば、おそらく何回建てても私は「ギリギリの生活して早く返済」を選ぶだろうとか、ストレート階段はコワイからイヤとかベランダはでかくして、とか。

 読んでくださって、ありがとうございます。トラウマ抱える私を誰か励ましてください~。
 ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

 ちなみに、金についてはダンナはノータッチです。家計は全て私が握ってます。
 ダンナに管理してもらってもよかったのですが、結婚当初「できません」と権利放棄されてしまいました。
 よそ様のお宅で、ダンナ様が金銭管理されている話を聞くと、すごいな~と思っちゃいます。
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいですねぇ。
私はお金のことはノータッチ。
夫の給料もボーナスも知りません。

自分の給料で保険と貯蓄をして、
目減りするのは悲しいので「家はいらない」と言ってました。
むっちゃくちゃ安い借家で十分でしたから。

でも夫がどうしても欲しいと話合いました。
「子どもが健全に育つために家を建てたい」って。
確かに湿気が多いカビハウスでムカデが出て子どもが居ないお年寄り集落(しかも過干渉)で駅・学校・スーパーが遠い。

で、建てるならと口だけ沢山出しました。
要らないって言っていたくせに。
私は守銭奴なんで結婚式でも家造りでも金銭感覚は変わりませんでしたよ。
出来るだけ節約しました。
今は葬式について勉強してます(笑)

夫は建築ブルーになりました。
お金を払う人がなるんですかねぇ~。

借金

ああ~わかりますよ。
ローン返済への不安・・・
私も借金が怖くて怖くて。
なんだか、やあすさんの記事読ませていただいていたら
胸がきゅ~~~~っとなってしまいました。
でも、これから我が家にもやってくる現実ですもんね。

うちの主人はFPなのでそういうプロ的なことは
慣れまくっているせいか
「みんなローン組んで払ってるんだよ!」
ぐらいにしか考えてなく
私のこの不安を少しも理解してくれません。

そりゃ~、家を建ててらっしゃる方は
ローン返済の為に働いているようなものなのだろうけど
家というものはそれ以上のものを私達に
与えてくれる場所なのだと信じて
日々頑張って行かないと・・・と思ってはいるものの
やっぱり。いろいろ思う所はありますよね。

借金・・・
私は日々の仕事の中で目の当たりにしているので
痛いほど現実を見ています。(法律事務所勤務なので)
だからというわけでもないのですが
今の自分の立場なんてとっても幸せだ!って
洗脳されちゃいそうです。
すご~く大変な人っていっぱいいるので(汗)

「見方や価値観は日々変わっていくもんだな」
そうですそうです!
ボチボチですよ~!(私もだけど)

No title

うちはすべて妻まかせなので、頭があがりません。
でもたまには、チェックもしています。
でも家を買うとなると、やはり借金しますので慎重になりますよ。
応援ポチッ

とむさんへ

とむさん、こんにちは^^
ダンナ様が全て管理ですか。すごーい!
そういえばダンナ様、基礎が終わってから「間取りを変えたい」って悩まれたんですっけ(いえリンクしこたま読んでました)。
やっぱり金額が太いだけに、「失敗した」って認めるのがすごくこわくてずっと落ち込んでた気がします。
もう葬式について考えてるのか~とむさん早い!だけど興味ありです。

miporin*さんへ

miporin*さん、わかってくれますう??嬉しい!
法律事務所勤務ですか。お仕事柄、きっつい現実見えますね…。
ダンナ様がFP資格アリなら、理想的ですね~。家の営業さんでFPで…理想的な営業さんじゃーないですか!!
ダンナ様がmiporin*さんの不安をなくすように説明してくれたら安心ですね^^

てつぽんさんへ

てつぽんさん、こんにちは。
おお、妻におまかせですね♪だけどちゃんとチェックなさるんですね。うちのダンナはオールおまかせ、借金にもこだわりがないです。私一人がギャーギャー言ってるだけ^^;

ありがとうございます

はじめまして
現在新築設計中の中年親父です
色々な反省点?を参考にさせて頂いております

一部しか見ておりませんが、お宅は中々素敵な家じゃないかなあと思っております
ローンを気にして四角い家にしようとしているとこなどはうちと同じだなあと苦笑い

最終的にはデコボコの家になりそうです

matunobuさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます^^
現在設計進行中ですか~☆うらやましい!戻りたい…。
凸凹の家を見ると、未だにイロイロ物思いに耽りますw
蜘蛛の巣が張ろうが雨漏りの危険があろうが、次は気にしないぞ!
我が家の失敗の数々、笑ってみてやってください~。
matunobuさん、素敵なおうちを建ててくださいね。
プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。