スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が病人になっちゃった

 大分から帰って2日…。
 世間は平日に戻ったというのに、私はまだお布団にこもってます。

 もともと旅行前日に発熱したのは娘。
 この旅行は父の還暦祝い旅行で、父と私たち家族、私の妹夫婦で行く予定でした。

 「こりゃ下がらんわ」とキャンセルするや否やを検討していたところ「やっちゃんはいきます!」とホントに治してしまいました☆「九州へ温泉旅行に行く」と始業式の日一日だけで先生友達に喋りまくった娘っこ、ほとんど執念です。(その後も元気)

 それで「どーなってもしらないからね」と出かけたのですが、やっさんより母さんのが発熱してしまいました。
 残念ながら母さんにはやっさんのように一晩で回復できる根性もなく、湯布院で解熱のいったい筋肉注射を打ってもらい(院内ではガマンしてたけどあんまりな痛みに支払い済ませてクルマに乗り込んでから泣きわめいた)、やっさんのためにクルマに積んできた毛布をかぶり、安静に努めたつもりでしたが結局連休明けまで長引いてます。

 今朝は「だいぶ熱が下がったから治ったのかも」と近所の病院へ行ってみましたが、道を間違えるわスキニーでもないジーンズなのにブーツに足突っ込んでて裾がビロビロになってるわ(病院帰りに気づいた)いつものパン屋で買う油ギッシュなパンやバターと砂糖たっぷりのマフィンなんかに手がでなかったりル・クルーゼの鍋のふたが片手で持ち上げられなかったりと、まだまだ病人モードでございます。

 やっさんには「ママ、温泉で『ゆったり』じゃなくて『ぐったり』になっちゃったわね」と言われております。うめーな。いいや、うるせーよ!

 皆さま、また元気になりましたらご挨拶に伺いますね~!!!

 (追記。布団にくるまりケイタイから記事出しております。病気のときってどういうわけかパソコン見る気になれません。何でだろ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。