スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちのために

 私のお友達、パステルさんが利用なさっている「親野智可等」さんのメルマガより情報いただきました。
 (どんな方かしらとググったら、「親力(おやりょく)」っていう本をたくさん出されてる方でした。本屋で見たことあるかも)
 読んだあと、心当たり多数…。
 

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地の中には私が講演で伺った市も含まれており、何とも言いようのない気持ち
でおります。


さて、緊急でお知らせしたいことがあります。

以下は、小児科の医師aさんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/turubaba

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。

下記の内容がより多くの方に届くようにとの願いから、1376と1378の内容
を再送いたします。

特に、ブログ、ツイッター、ミクシー、メールマガジンなど、何らかのメディアを
お持ちの方は引用紹介してください。

私へのご連絡は「なし」でだいじょぶです。

お知り合い、保育士さん、学校の先生などにもお伝えください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://archive.mag2.com/0000119482/20110313230627000.html
親力1376より


緊急でお知らせしたいことがあります。

以下は、小児科の医師turubabaさんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/turubaba


子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。
子供たちの顔を見ていてあげて、話しかけてあげてください。

今は大丈夫でも、後で熱を出したりおなかを壊したりするかもしれません、ストレ
スで。


今日の診療中、ストレスを抱えている子供たちが多数受診。
皆さん、テレビを消しましょう。

せめて、楽しい番組の録画を見せてあげましょう。
みんな目がきょろきょろして落ち着きがなかったです。


診察中、個室でお気に入りの映像を楽しめるのでみんな目がきらきらしていました。
うれしそうにビデオを見ていました。

診察終わっても帰りたがらない子が多いのです。
おうちでは楽しいビデオを見せてあげましょう。
情報はインターネットでどうぞ。


私も同感です。

地震、津波、原発に関するテレビ番組をこの数日間ずっと見ていたご家庭も多いと
思います。


それによって、かなりのストレスを溜め込んでいる子どもも多いと思われます。
子どもたちへのご配慮をお願いいたします。


災害や事故で命をなくしたり家族をなくしたりすることについて、不安を感じてい
る子も多いと思います。


そういうことを話してきたら、まずは「こわいんだね。心配なんだね」と共感的に
たっぷり聞いてあげてください。

その後で、「だいじょうぶだよ」と言って安心させてあげるといいと思います。
抱きしめてあげるのもいいでしょう。


とにかく、安心して安らかに過ごせるようにしてあげてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://archive.mag2.com/0000119482/20110315103707000.html
親力1378より

親野智可等です。

3月13日ののメールマガジンで小児科の医師の意見を紹介しまし
た。
http://archive.mag2.com/0000119482/20110313230627000.html


それについてのご感想をいただきましたので、紹介させていただき
ます。


「親力で・・・」No1376の内容、はっとさせられました。

同じ日本の中でこんな大変なことが起きているから、目をそらさず
見なくては・・・!と思い週末ずっとテレビを見ていました。


子どもも一緒に、です。
「いつもの番組やらないんだね」という娘の言葉にも、「こんなと
きに何言っているの!」と叱ってしまいました。

でも先生のメルマガを見て反省しました。


大人にもショッキングな映像、子どもの心にはどのように届いてい
たのでしょう・・・

私の周りの親たちにもぜひ知らせたく、ブログに引用させていただ
きます。



日本中の親御さんたちが同じ気持ちでいると思います。

「目をそらさず見なくては。子どもにも見せなくては」という気持
ちです。


こういう気持ちはある意味大切なことだと思います。
でも、子どもについては一定の配慮が必要です。

というのも、子どもは大人と同じようにはいかないからです。
一言で言えば、刺激やストレスに対する抵抗力が弱いのです。


たとえテレビや新聞の映像であっても、その刺激やストレスが過度
になればPTSD(心的外傷後ストレス障害)に近いものが出る可
能性がないとは言えません。


大人にとっても今まで経験したことのないようなショッキングな映
像なのですから。

そして、大人ですら体調がおかしくなったり元気がなくなったりし
ている人がいるくらいですから。


以下はウィキペディアからの引用です。

心的外傷後ストレス障害またはPTSD(Post-traumatic stress disorder)
とは、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心
に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起
こす疾患のことである。

心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意だが、
日本では心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ば
れる。
心的外傷後ストレス障害は、地震、洪水、火事のような災害、また
は事故、戦争といった人災や、テロ、監禁、虐待、強姦、体罰など
の犯罪など、多様な原因によって生じうる。


                          (引用以上)


 私、この中の感想書かれた方(ピンクの部分)と同じことしてました。
 最初の日、娘はこわがって泣いたのに。
 日航ジャンボ機墜落事故の時、小学生だった私は布団に入っても事故のニュースばかりが頭に浮かび、眠れなったこともあるのに。
 子どもたち、ごめんね。

 もちろん「悲しいニュースだから伏せておく」ということではありません。
 テレビ画面は幼い心には強烈すぎるから、親の言葉で伝えていくということです。
 そのためには、親もしっかり被害について勉強しないといけないですね。
 テレビまかせにしていた自分を反省しました。

 今は募金や買いだめしないなどの形でしか応援できないけれど…。
 どうか十分な援助が、被災地に届きますように。



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やあすさん、こんにちはー。

コレ、今さら読んじゃいましたよー・・・。
うちのジュニ、思いっきり影響受けちゃった子です・・・。

そもそも慣れない外国暮らし(←ジュニにとっては。)、パパもいないし、不安&緊張&ホームシックマックスの時に起こってしまった地震。
何か子供向けの番組でも・・・と思ってもなにもないし、実家にはDVDもないし、おもちゃも少ないし、外に出て気分転換でも・・・と思って外出すれば、「つなみ!つなみがくるーー!はやくにげてーーー!」となるし・・・。

ずいぶんひどかった時期を、今やっと乗り越えようとしているところです。
「子供には見せない。」は、今回のジュニには当てはまりすぎるほどに当てはまりましたー・・・。

すごい亀コメすみません。

でもハッとさせられる記事だったので…

わが家も私自身が阪神大震災を神戸で経験したことがあったため、ニュースから目を離せず子どもにも見せていました…

遅ればせながらこの記事を読むことができたので、気をつけたいと思います!

nonoさんへ

ジュニちゃん~!!大丈夫??
確かに知らない場所でこういうニュースは、更に不安になりますよね。周りも何かっちゃ話題にしますしね←自分も

こないだネットニュースにも出てたんですよ。きちんと理解できるのは小学校3、4年生程度以上で、小さい子どもはただ恐怖を感じるだけだと。そばで「ダイジョウブ、母さんいるからね」って安心させてやりなさいと書かれてました。

大きくなったら、あらためて説明してやろうと思います。
お互い気をつけてあげましょうね~!

チャイモンさんへ

コメントありがとうございます。大歓迎です!!
チャイモンさんも和桜さんと同じく経験者でしたか…地震の恐ろしさを体感されたのですね。
危機意識を子どもにも持たせたい、また被害に遭われた方のことを子どもなりに考えさせたいと思いテレビを見せていましたが、親が担わないといけない部分を安易にテレビに頼ったことを反省してます(T_T)

お互い子どもにじっくり話していきましょうねo(^-^)o
プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。