スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMにもいろいろフマン

 それではまたまたグチの続きでーす。
 ごめんなさいね、いついつまでも…。

 テレビの置き場 や、敷地の使い方 について、HMちゃんと提案しろ!と書いたりしましたが、ついでにここでもHMに文句。

 うちのHMは、地元ではまあまあ知名度のある会社です。
 営業さんは、あまり押しの強くない、おとなしいタイプ。
 これまで、他の大手HMの営業にあまり好感をもてないタイプが多かったのですが、この人はオッケーかも。時間もきちんと守るし。←私の中ではすごい高いポイントなのです。ちなみにダンナは例の「限界に挑戦する」性格のため、まったく時間にルーズです。
 建築条件付ではありましたが、「ここならいいか」という気持ちでした。(当初は木造でベタ基礎、くらいしか特に希望はなかった)

 だけど同じHMで建てた友人に注意は受けてました。
 「○○さんは、あれこれ押しまくったりしないし、言ったことはそのままやってくれるからいいって思うかもしれないけど、注意したほうがいいよ。聞かなかったら何にも言わないし、言わないことはやらないからね。建ってからそんなの知らなかったっていうとこいっぱいあったんだから!」
 だけど、まあまあ「こうすると机が置けなくなります」「ベランダには屋根がかかった方がいいですか?(これは友人に怒られたから学習したと思われる)」とか、わりと言ってくれてると思ってたので、そうでもないかなーと思っていました。

 だけどだけど。言ってほしいとこはそういうことじゃなかったのです。

 言ってほしいのは、「実際このまま建てたら、つまんなくなりますよ」とか、「狭く感じますよ」っていう素人のこっちが想像できないところ。何軒も家を建ててるプロとして、経験からわかってたんじゃないのかな。それを言ってほしかった。

 「必要最低限あればいい」って思ってた私に、「家はずっといるところだから、遊びの空間やオシャレな部分がないと退屈ですよ」って、どーして説得してくれなかったの!今後悔してる部分は、まさにそれです。
 必要なとこしかないんだったら、事務室と同じです。こっちの希望がそうだからって、そのまま進めるだけじゃダメだろ。

 間取り図ももっと提案してほしかったよ。最初に出されたプランを基本にして進んでいってしまったけど、もっと別の可能性もあったのに。
 だけど、自分に明確な思いがなかったから、そのまま進んでしまったのよね…。結局自分がいけないのよね。

 もっとあれこれ提案してくれる営業さんじゃないとだめだったかな。
 それはそれで、こっちが構えてうまくいかなかった可能性もありますけど。

 やっぱり建築条件付だったから、あっち主導だったのかなー。いやいや、それでも素敵なおうちを建ててる人はいるんだから、やっぱり私たちがちゃんとした完成形が見えてなかったのが、いちばんの失敗ですよね。
 聞く耳を持たなかったとこもありました。反省、反省。どうしても「お金出させようとしてる」って感覚から抜け切れなかった…。


 次はこの経験を踏まえて、信頼してとことんまで話し合える相手と家建てよう!と思います。ああ、お金を貯めなければ。そしていっぱい経験積まなくちゃ。

 皆様の応援が励みになります。
 応援よろしくお願いします。
 ↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村



 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ♪

記事を読ませていただき
正直、うーん。でした。

間取りなどは営業さんと話されたのですか?
設計士と直接いろんな話をするのではなく?
どのようなお話をされたかはわからないのですが

将来を見通した提案というのでしょうか
営業の方も設計士の方も一言あっても
よかったのかな~とは思います。
小さなお子様もいらっしゃいますし。
遊びの空間の発想欲しかったですね。
うーん。それは今考えるととても悲しいことですね。
相手はプロなのですから
コチラは任せてれば安心!と言うのもありますもんね。

でも、今、精一杯、やあすさん色にするために
頑張っておられる姿には私も尊敬!しますよ~!
見習いたいです。

うちの旦那も建築会社営業マンなので
いろいろと気を付けてはいるようですが
見た目が大事!
朝シャン!かかさずやってます(笑)


miporin*さんへ

わはは、私も、あの頃どーかしてたんじゃないかと思うことがあります。
設計士さんと会って直接お話したのは1回。子どもが退屈して暴れだすので、長くは居られず…。あとは全て営業さんを介して、「あーして、こーして」というものでした。
当時は、こんなもんかなーと思ってたんですけど、おいおい、「もっと設計士と話させろ」と何故言わない当時の私!と思います^^今は。

ただ、強引に思いを押し通したから欠点に気づくってのもあるし。言われるままにして、「やっぱりああしておけば」ってとこもあるんだろうと思いますし、どちらにしても私はフマンを言ってるのかもしれないですね。困った性格だ!

miporin*さんが楽しく設計さんとお話されながら家作りする姿、うらやましいです^^私も目指すぞ、その関係♪とりあえず今の借金返したらね^^

お疲れ!^^

そうだねぇ~  
でも、やあす邸は、部屋も収納もしっかりしてるし、そんな悪くないと思うけどなぁ~

僕は40歳を超えて建てたので、20歳代だったら見た目ばかり気にして、30歳代だったら現実的なことばかり、40歳代になって少し気持ちに余裕が出来たのか、同居する親やかみさんの事、また、将来の自分に合うようなイメージで、家づくりしました。

まじ、二軒目を考えられてるんですねぇ。
僕は40歳超えて、山ほど借金しましたので、絶対に無理です。><
やあすちゃんがうらやましい気持ちがありますよ。^^

のなさんへ

のなさん、ありがとーでございます!
のなさん、大人な立場で建てられたのですね。私は、思慮の浅いまんまで建ててしまって、あちゃーって思ってます^^将来の自分、ん~あんまり考えてなかった。

1年くらい前に「建替えしたい」って上司に言ったとき、「ムリだって」と即答されちゃいました。「誰でもそういう風に思うんだよ。だけど現実ムリやで~」って。だけどねえ、夢は持ち続けてもいいだろうということで、気持ちだけ♪改築くらいなら何とかいけるかも、と現実的な方向にも考えてます^^最終的には何もしないかもしれないですけど…イヤイヤ、やるったらやるんです!(自分に暗示)

自分も夢を持ちたいです

こんばんは
自分も2件目ぐらいは建て直したいと思います。今回は勉強させてもらったって考えもった方がいいと思います。がんばれ応援ポチッ

てつぽんさんへ

てつぽんさん、応援ありがとうございます!

> 今回は勉強させてもらったって考えもった方がいいと思います。
ありがとうございます。まったく、そうですよねー。おそらく、こうでもならないと自分の好みや思い込みの恐ろしさってものがわからなかったと思うので、今ではやっぱりこのおうちを建てた経験は必要だったなって思います。
プロフィール

やあす

Author:やあす
2008年5月に延床34坪のお家を建築条件付で建てました。片付けの苦手な私と、自営業をはじめたオット、ぼけっとした長男15歳、ちゃきちゃき長女11歳の4人家族です。共働きでローン返済中です。

リンク
欲しいよ~
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。